リスト表示について

###・前提条件 ・発生している問題・エラーメッセージ ・実装したい機能
10万件の商品データをデータベースに入れました。
リストから検索しようとするとかなり重く検索さえできませんでした。

試したこと

1.商品データを50件くらいにした。→うまく検索できた。すぐに表示できた
2.実際の表示を少なくして、もっと見る機能を作ろうとした。→やり方がわからない

補足情報 (調べたURL/参考になりそうな事例)

実際adaloは10万件とか50万件の商品情報をデータベースから
検索するのは難しいのでしょうか?
商品データがあってのアプリなので、実際これが解決できないとアプリの
作成を諦めざるを得ません。

どうか教えていただけると幸いです。

「いいね!」 1

Listを選んだ時の、 Load item as User Scrolls をONにすると、ユーザーがスクロールするごとにListが順番に表示されるようになるので、これである程度解消されます。

1万件くらいなら、問題ないのを確認してますが、
50万件だとデータベースの負荷が結構おおいので、検索の条件分岐によっては、ちょっと大変になる気がします。

Adaloということは、ネイティブアプリを検討しているんですかね?
であれば、その数ならAWSなどのスクラッチ開発が挙がってくるレベルだと思います。

Webサービスでということであれば、Jetboostなどの検索ツールを平行するのも検討に入るかもです。

「いいね!」 1

ご返答ありがとうございます!
今リストを見てみたのですが、おっしゃられる箇所が確認できませんでした。

あれ:sweat_drops: 申し訳ないです。

Simple Listなどのリストなど、一部表示されないList のコンポーネントがあるんです。
Load item as User Scrolls は、Custom List で基本使うのが良いと思います。

「いいね!」 2

解決しました、ありがとうございます!

「いいね!」 1

良かったです^^

リスト表示はうまくいったのですが、、、

CSVで商品データを一気にデータベースに格納したいと考えています。
しかし、CSVの最大行数が65,535行なのでcsvから情報をデータベースに入れようとすると最大65535商品しか格納できません。
先に100万商品のテストをちゃんと検索できるか知りたいのに、100万商品のテストができません。何かいい方法がありましたら教えていただきたいです。

また、商品データが多くなってくることでサイト自体極端に重くなったりすることってあるのでしょうか?

先に100万商品のテストをちゃんと検索できるか知りたいのに、100万商品のテストができません。何かいい方法がありましたら教えていただきたいです。

2パターン、考えられて
①Googleスプレットシート
Csvというより、Excelの表示限界ということですかね?
であれば、Googleスプレットシートから、CSVにする方法があります。
スプレットシートは、セルで制限がかかっているので、商品内容によってですが、Excelより多く出力できる可能性があります

スプレッドシートの500万セル制限の回避方法

(Adaloのimport限界があるかも? ちょっとできるかは分かりません:sweat_drops:

②Make (旧 Integromat )などをiPaSSを使う
どこかのデータベース経由で、Adaloへデータをクリエイトさせる
https://www.integromat.com/en/help/app/adalo

などの方法で行けるかと思います。

また、商品データが多くなってくることでサイト自体極端に重くなったりすることってあるのでしょうか?

Adaloに限らずですが、商品数が増える=Relationも増える となると、サイト自体重くなることはありえます。原因として、それぞれ1ページでもDBを読み込みするための処理の母数が増えるためです。これを回避するために、一般的には、DB構成を改善したり、ユーザー読み込みするデータを制限したりしてます。