Repeating GroupにAirTableを使った場合のデータのリフレッシュ方法

BubbleでRepeating GroupのデータソースにAirTableを指定して一覧表示を作ったときに、
AirTable側でデータを追加したあとなどに、Bubbleの画面でボタンを押して、ワークフローでデータをリロードさせたいのですが、うまく反映されません。

bubble側でAirTableのAPIで行追加した場合は、Repeating Groupの一覧データが更新されるのを確認できています。

Refresh Pageをすればもちろん更新できるのですが、遅いのでできればしたくありません。
Repeating Groupに対して、Clear listやDisplay listをしてもAirtableからデータを取り直してくれずに反映されませんでした。

強制的にAirtableからデータを取り直す方法などはありますでしょうか?

AirtableのプラグインはBy bubbleのものを使用しています。

ちょうど同じ悩みの方がいますね。

Airtableを編集し、Bubbleでこれをトリガーすると、リピートグループがデータを再読み込みするようです。

Airtable - Is there a better way to refresh the repeating group than this workaround?

「いいね!」 4

ありがとうございます。参考になりました。

これはかなり裏技的なやり方ですね。
データを取り直すためにあえてレコードを更新して変更を発生させるとリロードされるんですね。
試してみて確かに更新できることが確認できました。

読みたいだけなのに、同じ値とはいえ更新までするのはちょっと抵抗がありますが、取得し直すという目的は達成できました。

他にも方法がないか模索してみます。ありがとうございます。

「いいね!」 2