Adalo→Airtable連携|Custom Actionを用いたデータの複製

初歩的な質問で恐縮です。

AdaloのデータテーブルをAirtableにコピー→Airtable上で加工→AdaloのDBを更新する
という処理フローを実装したいのですが、
この場合、AdaloのCustom Actionから実装可能でしょうか?

何度か試してみたのですが、POST/PUT/PATCHメソッドで実行するとエラーが出てしまいまして…
ご回答いただけますと幸いです!!

設定1

設定2(※URLはトリミングしてます)

処理結果:エラー(※URLはトリミングしてます)

この場合、AdaloのCustom Actionから実装可能でしょうか?

前提として、AdaloがAirtableと接続されるとき、External Collectionが追加されます。
これは、Adaloのデータテーブルと同じ扱いを受けるAirtableのデータになります。

なので、

AdaloのデータテーブルをAirtableにコピー→Airtable上で加工→AdaloのDBを更新する

この最後の意味が、AdaloのExternal Collection (Aitable と同期しているAdaloのデータ)という意味であれば、可能です。ただ(必要が無い気もしますが)、Adalo自体のデータを編集したいなら、別途API接続する必要があると思います。

何度か試してみたのですが、POST/PUT/PATCHメソッドで実行するとエラーが出てしまいまして…
ご回答いただけますと幸いです!!

現状URLが分からないので、推測ですが、
422エラーは、Airtableの配列の間違いというエラーです。

Method Put を使いたいなら、その前のtypeは、CreateではなくUpdateになります。

【参考】Adalo- Connecting to Airtable
https://help.adalo.com/integrations/external-collections-with-apis/airtable/connecting-to-airtable

「いいね!」 1

つばささん、詳細までご回答ありがとうございます!

AdaloのExternal Collectionが更新・同期されていれば、Adaloのデータ自体は編集せずともよいですね!理解が深まりました。

API Based URLに入力しているのは、https://api.airtable.com から始まるURLです。
typeをUpdateで試してみます〜!

「いいね!」 1