Appleのapp審査について

Appleでappを審査に出しているのですが課金システムについて却下されてしまいます。
作成しているappは会社で契約し、毎月請求書に対しての振り込みをしてもらうようにしたいです。
却下されたため、アプリ内で会社登録はできないようにしましたがそれでも却下されてしまいました。
色々調べましたがネットフリックスはアプリ上で新規登録はできない仕様でアプリは出回っています。
相違点としては新規登録をできるか出来ないかの点かと思われます。
ネットフリックスはユーザー単体ですが私のアプリは契約している会社に所属しているユーザーとの点です。
どのようにしたら審査が通るかわかる方がいれば教えていただきたいです。

原則、Appleは、ユーザーへ支払いを要求するもので、APP内課金を実装してないものは、審査が通らないと思った方がいいと思います。基本は、ユーザーは、Apple の支払いシステムを使用して購入する必要があります。

Apple のガイドラインの[ルール 3.1.1]
アプリ内購入:
https://developer.apple.com/app-store/review/guidelines/#in-app-purchase

なので、どこかに、請求するとか、課金が必要ですという文字があるのにアプリ内で、課金フォームが無いと、NGです。

却下されたため、アプリ内で会社登録はできないようにしましたがそれでも却下されてしまいました。

おそらくこの行為が、別のところで、決済をした人しか、アカウントを発行しないアプリケーション(ios以外での課金した人しか、アプリ機能を使えないもの)とApple側からみなされているのではないでしょうか?

色々調べましたがネットフリックスはアプリ上で新規登録はできない仕様でアプリは出回っています。
相違点としては新規登録をできるか出来ないかの点かと思われます。

Netflixの場合には、そもそものサービス主体(有料部分のコンテンツ)は、外部のウェブサービスであり、アプリ内では無料で提供するというロジックで成り立っています。
なので、ユーザーが課金しているのは、ウェブ上にあるコンテンツで、アプリ内の見る機能は、基本無料で提供しているというロジックです。

これは、最終的にはAppleの担当者の判断で、サービスをどう見るか?ですが、
takuyaさんのアプリが、アプリの外にあるコンテンツ(サービス?) というのが証明できれば、OKです。 同じ担当者に出しても、いまさらになる可能性もありますが、例えば、人の労働を管理するアプリで、課金するのは、人の時給に対して課金している。。というのは見せ方ならもしかしたら、理屈は通るのかもしれません。(グレーではあります)

「いいね!」 1

Netflix戦法でなんとかappleの審査を通すことができました!!

「いいね!」 2

うぉぉ 良かったです :grinning: :grinning: :grinning: :grinning: