ゲストユーザーのような形で利用できないでしょうか?


※前回無料の範疇を確認させて頂いたものです。
※今回も、無料の範疇でアプリを運営できないか、という相談です。

ものすごく端的にすると、
ゲストユーザーという形で、不特定多数の利用者がログインできないか?

という質問です。

なぜこのように考えたか、その経緯を以下に共有致します。
よりよい解決策がありましたら、ご教授頂ければ幸いです。


###・前提条件 ・発生している問題・エラーメッセージ ・実装したい機能

ある施設の対外的なイベントにてアンケートを実施予定です。
イベントは10回程度開催され、都度複数親子が来所されることが想定されています。

親のデータベース、
子のデータベース、
来所ごとの活動記録のデータベース
を紐づけて、来所ごとに毎回取るアンケートを集計したいと考えています。

初回来所時に、
親の情報登録、子の情報登録、及び活動記録を登録、

2回目以降は、当日の活動記録のみを登録していく形を取ろうと考えています。

この時に、当初の予定ではアプリの操作はスタッフがする想定でしたが、
親と子の情報登録の質問項目も多くなり、来所前にQRコードにて各自のスマホで登録しておけないか、という話になりました。

※10件までしか登録できないので、職員分のユーザーアカウントを作成して回そうと考えていましたが、利用者のスマホを使用するためには、各利用者ごとのユーザー登録が必要になりました。

※逆にユーザー登録を行わずに、ログインできるようにすると、他の利用者の情報を閲覧できてしまうので、もちろん却下。
→では、スタッフ分のユーザーアカウント + ゲストアカウントをひとつ作って、そのアカウントをオープンに共有しておき、そのアカウントで利用者にはログインしてもらう。
→ゲストアカウントでは、一方的に情報の新規登録のみ行えるようにしてはどうか?
ということで、冒頭の質問にいたりました。

ゲストアカウントという考え方でなくても、せめて、PINコードなしでログインできるようになれば、officalなアドレスを一つ作って公表するだけで解決できるのでは、とも考えています。

まとまりのない文章になってしまいましたが、アドバイス頂けたら幸いです。
宜しくお願い致します。

基本的におすすめはできないですが、アカウントを使いまわすなら、
アカウント(メールアドレス)とパスワードが必要です。

この場合無料で運用したいなら、主となるグループメールを作って、そこに、各ユーザーを紐づけていく。。という運用になっていくと思います。

グループメールとは?

ただ、
過去に、同じ課題の案件を希望している方の対応していましたが、
Glideは、User課金になっている以上、かなり難易度高いと思います。

ユーザー登録が必須なデータベースを扱う。。。という時点で、人数課金の対象にGlide(Appsheetなども)ではどうしても不可になってきます。

そのため、グループメールを使わない場合には、
代替え案は、ツールを変える方が、基本的にはおすすめです。
同じような挙動で行うためには、
無料プランだと、以下のツールあたりになってくると思います。
Airtable (1,000 records/base)
Adalo (200レコード/アプリ)
Bubble (50k workload units/mo)

「いいね!」 1

返信ありがとうございます!

やはり、そうですよね。
まず今回に関しては、できる範囲を提示しつつ、ご希望を再確認してみます。

無料で出来る範囲で考えていましたが、せっかくの機能を使い切るにはやはりupgradeすることも前向きに検討していこうかと思いました。

あと、他のツールもみてみます!
ありがとうございました。

「いいね!」 1

はい! ぜひぜひ、UpGrade検討下さい。